[LastModified: 05/04/11 11:04:08]

くーまんの旅
-茨城/福島 編-

くーまんはVodafoneの東芝端末に組み込まれたマスコットキャラクタです。
メールやカメラ、スケジュールなど、様々な機能と連携していて、位置情報との連携により、 各都道府県に訪れるごとに一枚ずつ画像を見ることができます。
この「くーまんの旅」は、その画像を入手するための旅の記録です。

05-03-01_11-56.jpg 2005年3月1日、青春18きっぷを購入し常磐線に乗って北上。
まず茨城に進入。写真は偕楽園です。
本物も電車から見えました。梅が咲いていました。

05-03-01_13-28~00.jpg 水戸に到着。
駅のホームのおそば屋さんで、以前からネタ振りお薦めされていた 納豆蕎麦を頂きました。普通の食べ物の範囲内でした。
他のどんな可能性があったのかと問われるとあれです。
写真は、日時と位置情報を写真に入れてくれる旅モードを使ってみました。

05-03-01_13-51.jpg 水戸の駅前で黄門様御一行と遭遇。

05-03-01_15-34.jpg 水戸に一時間ほど滞在後、さらに北上して福島に進入。
写真は猪苗代湖説と磐梯山&五色沼説があるらしいです。
ボクにはわかりません。

05-03-01_15-59.jpg いわきに到着。
常磐線?ラインが緑色です。
ご存じない方に説明すると、常磐線の古いタイプの車両は、 これと同じデザインで青いラインなのです。
青森まで行けるらしいです。
いっそこれに乗ってどこまでも行ってしまおうか・・・。
そんな気持ちだったかもしれません。
そうじゃなかったかもしれません。

05-03-01_16-07.jpg 有人改札です。
ノスタルジです。ウソです。
もう少し行くと無人駅もあるらしいです。
すれ違う人が当たり前のように方言です。
いやまぁ、文字通り当たり前なんですが、実際に目の当たりにしてみるとドキドキです。
ていうか、ものすごく寒かったです。

05-03-01_17-07~00.jpg お土産(メヒカリの開きとメヒカリパイ)を確保して帰路に。
荒れ狂う冬の日本海 ではなく、穏やかな春目前の太平洋。
行きに撮り損ねていたので。
微妙に遠くていまいち。

05-03-01_19-15.jpg 時刻表を眺めていると土浦始発の二階建て車両があることを発見。
存在は大分前から知っていたのですが乗ったことが無かったので。
土浦で下車し、夕食(ドトールのパニーニ)を確保。

05-03-01_19-17.jpg で、中の写真。おおー。こんな風になってるのね。
よく見ると窓の上部分が丸くなっているのがわかると思いますが、 そこに頭がぶつかるので二階席を断念。寝たかったので。
そんなこんなしてる間に家に到着。
水戸で買った納豆弁当がおいしかったです。
くーまんの旅 -茨城/福島 編- 完。

Special Thanks: Dさん